FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妻を縛って後ろから!

ソフトSMのパターンです。
愛し合っていて、理解があればするべきだと考えています。
と言っても、妻に了解をとっているわけでもなく、
当時はまだ私の妻ではありませんでした。
でも、これで別れるようなら、最初から結婚すべきでは
ないと考えていました。

結果的に結婚したということは、すべて受け入れたと
いうことなのかもしれません。
しかし、今はなかなかSEXに至っていないのです。
あの頃を思い出していざ、向ってみましょう。

             ★

窓に両手をついて、お尻を突き出すようなポーズは

とても刺激的でした。

この階より、上の階で隣接したビルからは妻の裸体が

見えることでしょう。

私の股間は天を突くくらいにいきり立っています。

いつもならもっと愛撫するのですが、

この展開ではもう挿入するのがいいでしょう。

わたしは、私の分身を妻のお尻の割れ目にあてがいます。

「いやん。だめ。だめよ。」

妻はお尻を振っています。それがなおさらそそるのです。

妻の股間の縄を外し、一気に突っ込みました。

キュキュキュと濡れてはいたもののいきわたっていない、

窮屈な感覚はそれだけで刺激的です。

それは妻も同じだったようです。

顎をあげ、髪を振り乱しました。

「いやあん。感じるう。だめえええ。」

めずらしく声を上げます。

後ろから立ったままで挿入するということは、

自由に手を使えます。

胸とクリトリスを同時に愛撫します。

「うううん。ああああん。くううううう。」

妻の白い肢体はクネクネと動きます。

そして、妻のアソコが締まってきます。

「だめだめ。いくうう。」

妻のアソコはクイックイッと私のチンポを

締めつけてきました。

妻は立っていられなくなって、

しゃがみ込みそうになります。

私は必死にささえて、インサートを保持し

妻のアソコの感触を堪能したのでした。


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kouichiro516.blog32.fc2.com/tb.php/20-31658b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。