FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の中の「M」~19歳専門学生さんからの投稿~

私と彼はもう2年も付き合っています。

最近はマンネリ気味で、セックスもない状態が続いていました。

そんなある日、ひょんなことから、「いい雰囲気」になって

何度かキスを交わして、彼の唇の感触を久しぶりに

感じて新鮮な気持ちになりました。

そうしている間に彼が、

「今日は、俺の好きにさせてくれないかなぁ。」

と言ったんです。

言い終わると、私の手首をネクタイで縛りベルトで

ベットの柵にくくりつけました。

なんか動きが早い。

そして、Tシャツをたくしあげて胸をあらわにし

ジーパンとパンティをはぎ取りました。

これって、軽いSMプレイ?

画像 265


少しうろたえる私を観ながら、

「今までは遠慮していたからなあ。今日はたっぷりと

 好きにさせてもらうからな。」

と言いながら、私の両脚をぐっと大きく開いたんです。

「電気・・・電気を消して。」

私の言葉なんて無視して、私の茂みを指で

触るか触らないかの感じで弄びます。

私はくすぐったくて、腰をよじりました。

「がまんできないな。もういじめてやるぅ。」

彼は、オマンコを指で広げると、クリトリスを

むき出しにして、息を吹きかけます。

「ハン。ダメェ。」

「ダメって、何がダメなんだ。もうしっかり濡れているんじゃ

 ないのか・・・。」

そう言いながらもまだ触ってこないんです。

じっとアソコを見ている。

そして、クリトリスやアソコの穴やお尻の穴に、フッと息を

吹きかけるんです。

そのたびに私の身体反応してしまう。

ピクンピクンっと動いてしまうんです。

すっかり濡れているのがわかります。

触っていないのに、こんなに感じるなんて初めてです。

「まだ触っていないのに、こんなに濡れてきなぜ。」

そう言うと、またクリトリスをめがけて息を吹きかけてきます。

感じるんだけれど、じらさないで強く触ってほしい。

もっと激しいのがいい。私はそう思いました。

とうとう我慢できずに、腰を浮かせてしまいます。

「お願い・・・舐めて。」

ついにおねだりしてしまうんです。

「何を舐めてほしいんだ?」

「いじわる。言えない。」

「言わなきゃわかんないなあ。」

「私の・・・オマンコ・・・舐めて。」

突然、クリトリスうを指でピンと弾かれて

頭の先から指先まで電気が走ったような

強烈な快感が・・・

それでも、それで終わって、またじっと見てるだけ。

「もっと、もっと・・・して・・・。」

画像 305

↓↓↓最後までご覧頂きありがとうございます。よろしければクリックお願いします。






コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kouichiro516.blog32.fc2.com/tb.php/154-670a9e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。