FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


終わってからの愛おしさ

私は妻の中に果てていた。

愛液と精液が混ざり合った独特の感覚と果て後の

敏感な感じが混ざり合った余韻を楽しみながら、

肌と肌のぬくもりに愛を感じていた。

妻の呼吸で盛り上がる腹部の接触は生きているという

お互いの存在を感じさせている。

このまま妻から離れるのがつらいほど愛おしかった。

このまま、ずっとこのままでいたかった。

でも、そうはいかない。

思い立って妻から、愛の分身を抜き取ろうとした時、

妻の腰が抜き方へ動いてきた。

妻も同じ気持らしい。完全に抜き取られ、妻の横に横たわった。

数秒間の時が流れた次の瞬間・・・。

妻が私の股間の方へ顔を近づけてきた。

そして、まだ大きさを保った分身を咥えたのです。

「うっ。」

その分身は放出の後の独特な感覚の中で、

妻の口の温かな粘膜の感覚を感じていた。

その感覚による悦びよりも、その行為そのものに

愛を感じ、その気持ちがわかるゆえに愛おしさが増してくる。

妻を抱き起こし、強く抱きしめて、口づけをした時

妻の目から一筋の涙が流れているのに気づいた・・・。

その涙の理由は聞かなくとも理解できた・・・


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kouichiro516.blog32.fc2.com/tb.php/152-ff60ecfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。