FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そして・・・

詩織のアソコは締まりがいい。

まとわりつくように吸いついてくる。

十分に濡れているはずなのに

今にもイキそうなくらいの締めつけだった。

「気持ちイイよ。詩織。前から好きだったんだ。」

僕は思いを告げた。

「ああっ。いい。わたしどうにかなりそう。」

僕はそれを聞いてなおさら張り切って腰を使う。

「わたしも好きよ。もっと突いてもっと・・・。」

「うっ。なんだ。」

僕は、お尻に何か違和感を感じた。

何かが僕のお尻の穴に入ってきたのだ。

「私も仲間にいれてよ。」

それは、となりに寝ていたはずの明日香だった。

これから、乱交の夜が・・・はじまる・・・。

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kouichiro516.blog32.fc2.com/tb.php/11-dd72bc90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。