FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妻を縛って後ろから!

ソフトSMのパターンです。
愛し合っていて、理解があればするべきだと考えています。
と言っても、妻に了解をとっているわけでもなく、
当時はまだ私の妻ではありませんでした。
でも、これで別れるようなら、最初から結婚すべきでは
ないと考えていました。

結果的に結婚したということは、すべて受け入れたと
いうことなのかもしれません。
しかし、今はなかなかSEXに至っていないのです。
あの頃を思い出していざ、向ってみましょう。

             ★

窓に両手をついて、お尻を突き出すようなポーズは

とても刺激的でした。

この階より、上の階で隣接したビルからは妻の裸体が

見えることでしょう。

私の股間は天を突くくらいにいきり立っています。

いつもならもっと愛撫するのですが、

この展開ではもう挿入するのがいいでしょう。

わたしは、私の分身を妻のお尻の割れ目にあてがいます。

「いやん。だめ。だめよ。」

妻はお尻を振っています。それがなおさらそそるのです。

妻の股間の縄を外し、一気に突っ込みました。

キュキュキュと濡れてはいたもののいきわたっていない、

窮屈な感覚はそれだけで刺激的です。

それは妻も同じだったようです。

顎をあげ、髪を振り乱しました。

「いやあん。感じるう。だめえええ。」

めずらしく声を上げます。

後ろから立ったままで挿入するということは、

自由に手を使えます。

胸とクリトリスを同時に愛撫します。

「うううん。ああああん。くううううう。」

妻の白い肢体はクネクネと動きます。

そして、妻のアソコが締まってきます。

「だめだめ。いくうう。」

妻のアソコはクイックイッと私のチンポを

締めつけてきました。

妻は立っていられなくなって、

しゃがみ込みそうになります。

私は必死にささえて、インサートを保持し

妻のアソコの感触を堪能したのでした。


濡れる花園

素っ裸の縄をまとった妻の肢体は魅力的です。
アイマスクをしているので、マジマジと見つめます。
それを感じてか、妻はモジモジと身体を動かします。
白い透きとおる肌がピンクに染まっていきます。

「愛しているよ。とてもきれいだ。」
と私がささやくと、
「いや。恥ずかしい。なんとかして。」
妻は顔を横に振った。
「きれいな君の姿をみんなに見せてやらないといけないね。」
私はそう言うと、妻を立たせて窓の方へ歩かせる。
「なにをするの。こわい。やめて。お願い。」

私はカーテンを開けた。
ここはマンションの4階。近くには何棟かのマンションが
立ち並ぶ。だから、誰かに見られているかもしれない。
事実過去に隣のマンションのラブシーンを目撃したこともあった。

「いや。恥ずかしい。やめて。」
私は妻の花園に指をあてがいました。
そこはしっぽりと濡れていました。
そこは、私の指をすっぽりと受け入れます。
その時は妻は、身体を震わせながら
「あああっ、感じる。感じるの。」
と声を出していました。

ソファでの縛りに濡れる割れ目

ある晩・・・
ベッドではなく、リビングのソファでSEXを求めた。
はじめは嫌がっていたがそのうちに抵抗はなくなる。
風呂上りのほてりにピンクの染まった白い肌をあらわにする。
ピンクの乳首はピンと上を向いている。
口をつければ、せっけんの匂い・・・
「明かりを消して・・・」
妻はそう言った。
「うん。それじゃ、これをして。」
私はアイマスクを手渡す。
「これじゃ、わたしだけが暗いだけよ。」

無理やりアイマスクをさせて、一気に全部脱がせた。
「いやよ。これはいや。」
「本当にいやなのか。」
私は妻の股間に手をやる。
「もう濡れているんだろう。ここが・・・」
私は茂みの中に潤んだ割れ目をさぐりあて
下から上へと指ですくいあげる。
「あん。だめ。」
妻は甘くささやく・・・。
下腹部が小刻みに震える。
なんとも色っぽい情景である。
そして、ホームセンターで買ったロープで
妻を縛り出した。
「いやよ。何をするの。」
両手を縛り、そして・・・
股間に一本のロープを食い込ませる。
そのロープは妻の股間の茂みの中にある。
そして、そのロープをひっぱった。
すると、ロープは妻の股間に強く食い込む。
それは、クリトリスへの強い刺激になったようだ。
「ああああっ。だめえ。」
妻の身体がはじけた・・・・。



妻の魅力、私の変態行動!

スラッと伸びた脚が目の前にある。それは美脚である。
無駄な毛を処理した白い綺麗な脚に接吻すのが好きである。
妻の脚をこよなく愛しているなんてナンセンスだというかもしれない。
しかし、両脚の中心には、触れば潤んでくる
満つような泉が秘そんでいる。
私の指はその感覚を憶えている。いつでも求めずにはいられない。

汗臭いうなじにキスして怒られる。
キッチンでお尻を触って怒られる。
廊下ですれ違う時に胸を触って怒られる。
そんな毎日・・・
私は変態だろうか・・・
しかし。求めずにはいられないのだ。
それほど魅力的である。

今日はお風呂を覗きたい。・・・怒られても・・・。

お湯でピンクに染まった透きとおるような肌。
いまだに、水をはじくほどの若々しい。
それに触れるだけで、股間は反応する・・・。


毎晩のSEXを求めて

私はある程度の年を重ねて、いわば中年である。
しかし、いまだに毎日でもSEXしたいと思っている。
しかし、妻はそれに応えてはくれない。
といって、外でそれを解消する気にはなれない。
妻を対象として、SEXを楽しみたいのである。

妻のアナルはいまだに処女である。
アナルを経験したいというのは妄想だろうか。
まあ、普通の夫婦であればそんな行為はしないだろう。
お金を払えばどこかで経験できるだろう。
しかし、やはり妻のアナルがいいのである。

アナルそのものよりも、それに至るまでの妻の
表情や態度や行動に関心があるのである。
言いだした時の反応・・・
表情・・・言葉・・・考え・・・
アナルを向けて「はい。どうぞ!」では面白くない。
さてこれから、妻のアナルへの挑戦に挑みたい!!!




美人のフェラチオ

結婚するまで、妻とのSEXに没頭した。
反応が悪いという表現は声を出さないとか、
自分から進んでSEXを要求しないというレベルである。

身体は、愛撫すればすぐに濡れてくるし、
一度イクことを経験してからは、毎回イクようになった。
よほどことがない限り、デートではSEX可能であった。

傍からみれば、SEX好きに見えるらしい。
男の同僚は少なからず狙っているようだった。
それは自分にとって優越感に浸れることだった。
まだ、付き合っていることは公言していない。
自分はいいが、妻にとっては障害になることは明白であった。

当然、妻はフェラチオもしたことがなかった。
お互いを舐め合うことに抵抗があったようだ。
しかし、段々とうまくなるのを見ていると
それだけで愛しくなったのを思い出す。
美人のフェラチオは絶品である。

はじめての絶頂

私自身、妻と関係をもつまで童貞ということではなかった。
といっても、ひとりよがりSEXをしていた。
女性を絶頂へ導いた経験はなかったのだ。
しかし、妻とのSEXの中で偶然絶頂を迎えたことで
私の考えが変わったのだ。

付き合いはじめて数か月たった時にホテルでことに及んだ時
はじめは、交わって激しく抽送するだけで快感を味わえると
思い込んでいた。
しかし、それは自分の快感の頂点に向かう方法でしかなかった。
反応がいまいちで淡白とはいえ、白い柔らかい肌、
それなりのプロポーションと美形はそれだけで
自分のチンポの耐久力を奪ってしまう。

そんな時、自分がイキそうになったので、
動くのやめて、クリトリスを指で愛撫したのだ。
妻の反応が変わったのを見逃さなかった。
なんとも体制が悪いし、少し自分の動いたほうが
いいのかと思い苦慮して出した結論が、
妻に自分でクリトリスを愛撫させることだった。

いうなれば、SEXしながらのオナニーである。
妻ははじめはなかなか手を動かさない
妻の手首をつかんで促した。
するとクリトリスを指の腹で円を描くように愛撫し出した。
私も果てないようにコントロールしながら、抽送を行う。
しばらくして、妻の身体が反り返り痙攣した。
アソコはキュッキュッと締め付けてくる。

私は思わず「うわっ、最高だ。」と叫んでいた。







夫婦遊戯のはじまり

40歳をまじかにひかえて、恋をしたいと思い出した。
妻は5歳年下で、二人の子供を産んでいる。
私には不釣り合いな美人妻である。
子供がほしい時は、積極的にSEXしてきたが・・・
今は月に数えるほどの義理のSEXである。
こうなると、どこか外で消化すべき欲望なのかもしれない。
しかし、わたしはもう一度妻とのSEXを堪能したいと思うのである。

わが妻は見るからに清楚である。
その印象どおり、SEXも淡泊である。
反応もいまいちで、積極的に求めることもない。
そんな妻を淫乱な女に変貌させたいと思うのは
いけないことだろうか・・・

妻を物にしたのは、職場の飲み会である。
俗にいう職場結婚である。
飲んでつぶれた妻を開放してホテルに連れこんで
そのまま事に至ったのである。
妻はその時処女であった。
ゆえに・・・
はじめての男性と結ばれなけらばならないと
思ったということである。

とはいえ、少なからず私に好意をもっていという
ことらしいが、処女を飲んだ勢いで捧げたことの
言い訳にしか聞こえない。
しかしながら、それから、
美人の妻と公然とやりまくったことは
人生の最大の幸せであった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。